So-net無料ブログ作成

D7200でHGUC陸戦型ジムを撮る。 [┣プラモデル]

近所の肉屋のもつ煮込みがうまい、こんばんは鉛です。
もつはトロトロで、結構肉も入っていて角煮のようになっていて
大変美味しいです。お店の方が新聞で紹介されたって嬉しそうに言ってました。


さて、D7200買ったは良いのですが平日なので身動き取れず。
とりあえずプラモデル撮ってみることにしました。

そしたらけっこー違うんですよ!
V2で撮った写真とぜんぜん違う。
そりゃーミラーレスと一眼だし
画素数は1000万も違うし、当たり前かもしれませんが、
違いを実感できて、買ってよかったと思えます。
これで違いが分からなかったら何のために買ったのかと…(^_^;)
とは言え、何処がどう違うからどういう影響が…というのは正直わかりません。
それはおいおいということで。


今回のモデルは約一ヶ月前にも記事にしたHGUC 1/144 陸戦型ジムです。

今回の写真はすべてD7200 + 18-300mmです。

正面
r001_HG陸戦型ジム001.JPG

ズーム(トリミングではありません)でこれだけ寄れる、これでも感動。
r002_HG陸戦型ジム002.JPG

基本装備
r004_HG陸戦型ジム003.JPG

こっち見んな(笑)
r005_HG陸戦型ジム004.JPG

歩いてる風
r006_HG陸戦型ジム005.JPG

腰を据えて
r007_HG陸戦型ジム006.JPG

ズーム(f36、ss2)
r008_HG陸戦型ジム007.JPG

同じ構図でf値変更(f5.6、ss1/20)するとこれだけボケが変わる。
r009_HG陸戦型ジム008.JPG
v2だとf値は16までだったし、選択肢が広がったことでだいぶ悩むことになりそう。

両手持ち
r012_HG陸戦型ジム010.JPG

ビームサーベル
r017_HG陸戦型ジム011.JPG

ズーム(f6.3)
r019_HG陸戦型ジム013.JPG

f20
r020_HG陸戦型ジム014.JPG

10m級の大きさのモノを撮影していると考えたら、
f値は大きくしてボケをなるべくさせないのが良いのかなと思いました。
もっと色々やってみよう。



今日はこんなとこで。



では(^_^)/