So-net無料ブログ作成

エアロプレス [┣コーヒー]

木曜日に親知らずを抜いたこんばんは鉛です。
血は止まらない、痛みで涙は止まらない。
もう二度と抜くもんか!(右下のも抜く予定…)


幸い金曜の朝には薬がきいて痛みは収まりましたが
頬が腫れて顔が四角くなり、口を開けない…
木曜の夜から土曜の朝まで、ずっとゼリー飲料で過ごしました。
ようやく食べた今日のお昼は残り物で作った明太マヨホットサンド。
サンドイッチを頬張る口も開ききらず、なぜ俺はサンドを作ったのかと。


今現在、まだ腫れは残っているものの確実に治ってきています。
月曜日までにはなんともなくなっていて欲しい…




という現状なので、食べ物に変わる飲み物の充実が急務です。
先日購入したエアロプレスによるコーヒーが数少ない楽しみ。
空気の圧力で入れるコーヒーで、ドリップに比べて
味のブレが少なく安定して淹れられるのがメリットだそうです。
謳い文句では「お店の味が家庭で!」なんてのも見かけますが
ちょっと意味は違うんじゃないかな…。


ともかく一連の流れを。
こんな感じの箱に入って置いてありました。
rDSC_0033001.JPG

中身はこういったセット。
rDSC_0034002.JPG
左奥からチャンバー、プランジャー、ファンネル、パドル、
左手前からペーパーフィルター、フィルターカバー、スプーンです。

通常と倒立の2パターンの淹れ方があるみたいで
今回は倒立でやってみます(正式名称が倒立なのかはわかりません(汗))
淹れるのはカフェオレ用に濃い目のコーヒー。

チャンバーにプランジャーをはめ、ひっくり返して立てます。
rDSC_0035003.JPG

今回は細引きの豆を24g入れました。
タイマースタートと同時に、お湯を100ml入れます。
rDSC_0036004.JPG

その直後、パドルで10回混ぜます。
rDSC_0037005.JPG

60mlお湯を追加し
rDSC_0038006.JPG

開始から30秒でフィルターをはめ、ひっくり返す。
rDSC_0039007.JPG

30秒かけてゆっくりと押す。(写真撮ってて時間が押しました…(笑))
rDSC_0040008.JPG

できあがり。
rDSC_0043010.JPG

プランジャーの中では豆がプレスされ、こんな感じになります。
rDSC_0041009.JPG

味はというと、ちょっと薄かったかも。
そう思ったら、何処を変えればいいか考えやすいのが
エアロプレスの良いところだと思います。
豆を増やす、弾き方を細かくするというのは当然ですが
その他、お湯の量、かき混ぜ回数、抽出時間等細かく操作できます。



こうなると、今度は電動ミルが欲しくなります…(笑)



では(^_^)/