So-net無料ブログ作成

アルティメットニッパー購入 [┣プラモデル]

中華丼をうまく作れないこんばんは鉛です。
なんか一味足りない。オイスターソースも中華だしも入れている。
味の素が足りないのか…!?



作っていないのに、気になるプラモデルは買ってしまいます。
買ったはいいが組み立てるわけでも無くただ部屋の隅に積む…
人はそれを「積み(罪)プラ」と言う。
そんな積みプラが溜まってきました。
rDSC_0026001.JPG
過去、3個以上溜めたことは無かったんだけどなぁ。


今後これだけ組み立てることを考えたら
ニッパーを新調したくなりました。
現在使っているニッパーはタミヤの薄刃ニッパー。
10年以上前に2500円で購入したものです。
中学生の身で2500円とは思い切ったものです。
ずっと使ってきましたが、さすがに切れ味が悪くなってきました。


新しいニッパーを買うならずっと欲しかったものがあります。
ゴッドハンドの「アルティメットニッパー」…すごい名前だ(笑)
新潟県三条市で昭和から続く老舗の工具メーカーの子会社として始まり
主に模型用工具を制作している会社らしいです。
模型製作に特化したニッパー…それがアルティメットニッパーなのです。


さっそく行きつけのプラモ屋で買ってきました。
rDSC_0027002.JPG
4800円…高いけど今の自分はあまり躊躇なく買ってしまった…。

究極の刻印がされてます。
rDSC_0030005.JPG

現在使用中のニッパーとのツーショット
rDSC_0028003.JPG
サイズはほぼ同じ、バネはアルティメットの方が軽い感じです。

刃先
rDSC_0029004.JPG
う~ん拡大しないと違いがわからん。

アルティメットニッパーは通常のニッパーと大きく異なります。
それは「片刃」ということ。
ハサミのうち、片方だけに刃があり、もう片方がまな板として働くのです。
説明書に詳しく書いていました。
rDSC_0031006.JPG
通常のニッパーは両方が刃で挟み込むのに対し
こちらはナイフで刮ぐ用に切るわけです。
それによって切断面がすごくキレイになるそうです。
使うのが楽しみでなりません。
でも刃が割れやすいようで、ちょっと怖くもあったり…。
デビューは何にしようかな。



では(^_^)/


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感