So-net無料ブログ作成

川幅って言葉 [日記]

連日暑いですねこんばんは鉛です。



先日、ドライブがてら友人含め4人で
埼玉の鴻巣市に行ってきました。
お目当ては「鴻巣川幅うどん」を食べるため。


きっかけは何かで何回か見たことあるような、というおぼろげな記憶の元
なんとな~く、幅の広いうどんをネットで検索してみたところ
この鴻巣川幅うどんがヒットしたんです。

なんでも、市内を流れる荒川の川幅が日本一広いということで
町おこしに利用しようとB級グルメとして売りだしたらしいです。

距離的にドライブにちょうどいいし、いっちょ行ってみるかと。



まず行ったのはパンフレットで一番初めに載っていた「久良一」。
r008.JPG
川幅うどんのきっかけになった店らしいです。
入口正面にはサインがたくさん。
r011.JPG
普通のうどん、そばの中に、川幅うどんが4種類。
その中から自分は味噌煮込み川幅うどんをチョイスしました。
r009.JPG
油揚げ、ネギ、はまぐり、かまぼこ、たまご、まぁ具材は普通です。
なんといってもキモは
r010.JPG
これでしょう。いやぁ楽しい(*^^*)
うどんと言いつつ、すすって食べるのは難しいため
小鉢に取って食べました。食べにくい人のため、フォークもついてきます。
「味噌煮込み」から想像した味とはちょっと違って、あっさりしてました。
残念だったのは小皿のネギです。
元から入っているネギがあるし、乾いちゃってるし…なんだかな。
ともあれ堪能しました。


4人で相談し、二軒目行ってみよう、ということで向かったのは「小松や」
r014.JPG
ここでもメニューは4種類。
r012.JPG
温かい麺を食べた後の鉛は、ここでは天付冷し川幅うどん。
r013.JPG
海老天、舞茸天の他に、刻み海苔と水菜が乗せられ、
大根おろしとしょうがが添えられていました。
天ぷらは揚げたてで美味しいし、ここの冷たいツユに大根おろしがすごく合う。
冷しを頼んだせいなのか、久良一よりも麺が薄く、それでいてもちもちしていて
川幅うどんは冷しのほうが美味しいのかな、と感じました。


その後、日本一の川幅をドライブして確かめ
(ちょっと納得できませんでした。
だって川とされる範囲に普通に田んぼと家が並んでるんだもの)
菖蒲へと移動し「シン・ゴジラ」を鑑賞して帰りました。
非常に楽しい休日になりました。
油断すると一日家で過ごしてしまいますが、やはり遠出はするものですね。


「シン・ゴジラ」については公開が終わる辺りで感想を書きたいと思います。
とりあえずもう一度見に行きたいくらい自分にとって面白い映画でした。



では(^_^)/