So-net無料ブログ作成

HGUC 1/144 アンクシャ [┣プラモデル]

健康診断でした血圧高かったよこんばんは鉛です。
いやぁ…まさか基準値を超えるとは。。。
いよいよもって健康に留意しなければなりません。
そんな私の今日の晩ごはんはラーメン。


さて、久しぶりにプラモデルの話題。
昨年末は色々と作っていましたが
ここ最近は熱も落ち着き
素組み(ただ組むだけ)で楽しんでいます。


今日は機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)より
HGUC 1/144 アンクシャです。

ガンダムUCは映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」から
数年経った時代のお話らしく
小説、DVDと展開し、最近は日曜朝に地上波で流れているらしいです。
らしい、というのは、実は自分は全く読んでも観てもいないんです。
だから全く知識がありません。
プラモ屋の棚をみて、「あ、なんかカッコいい」と思って買いました。

そんなカッコいいアンクシャの姿がこちら。
s_20160426_169_HGアンクシャ_01.JPG
s_20160426_172_HGアンクシャ_01.JPG
あ、そんなにカッコよくないですか?(^_^;)
なんでこんな奇妙な形をしているのかは後で書くとして
設定上22mの大型モビルスーツなので1/144モデルでも大きいです。
「機動戦士Zガンダム」に出ていた「アッシマー」の発展形ということで
すごく似たシルエットになっています。気になる方はアッシマーで画像検索をどうぞ。

顔のアップ
s_20160426_174_HGアンクシャ_01.JPG
埋まってる感がスゴイ。
連邦製MSということでゴーグルアイですね。

とりあえずポージングさせてみる。
メイン武装は両腕のビームライフル。
s_20160426_175_HGアンクシャ_01.JPG
s_20160426_182_HGアンクシャ_01.JPG
s_20160426_184_HGアンクシャ_01.JPG

ビームサーベルはMGサイズでボリュームあります。
s_20160426_178_HGアンクシャ_01.JPG
s_20160426_179_HGアンクシャ_01.JPG
武装も少なく、各部の可動域が広いわけでもないので
どうしても単調なポーズになりがち。


さて、こいつのキモはなんといっても変形。
この丸みを帯びた特徴的なシルエットは変形後の姿のためです。
まずは変形させてみましょう。

立ち姿から
s_20160426_185_HGアンクシャ.JPG

手首を取り外し腕のバインダーを下にスライド
s_20160426_186_HGアンクシャ.JPG

足を揃えて後方に折りたたみ、頭を横に向け腕を縮める。
s_20160426_188_HGアンクシャ.JPG

上半身を前に傾け(プラモでは差替になってます)バックパックを後ろに展開。
s_20160426_189_HGアンクシャ.JPG

UFOの完成!
s_20160426_191_HGアンクシャ.JPG

変形するMSは数あれど、大抵は戦闘機への変形であって
こんな変な形になるものは、それこそ他にアッシマーだけです。


s_20160426_194_HGアンクシャ.JPG
後ろ
s_20160426_195_HGアンクシャ.JPG

s_20160426_196_HGアンクシャ.JPG
ボリュームのある機体ながら
前後に伸びた形となり、かなり薄く感じられます。


設定上、上に他のMSを乗せることが可能ということで
同じくガンダムUCより、以前製作したスタークジェガンを乗せてみました。
s_20160426_198_HGアンクシャ_01.JPG
専用の固定パーツのおかげでしっかりと乗せられます。
取っ手を持たせることでリアリティも増します。良いキットです。
ただし、付属のスタンドではバランスが取れないため
HGではなく、MG用の大きなスタンドを用意すべきでしょう。
撮影中は何時倒れてしまうかと心配しっぱなしでした。

s_20160426_199_HGアンクシャ_02.JPG
満足です(*^^*)


では(^_^)/

nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感