So-net無料ブログ作成

お風呂の隙間風 [日記]

カセットコンロを新調したこんばんは鉛です。
7年間使った旧コンロは、なぜか火口を支えるパーツが底を突き破って裏に頭を出してました。
五徳に物を載せる以上、火口に下向きの力なんてかかるはずないと思うのだけど…



何度か話題にしたかと思いますが、地震後に引っ越してきた現在のアパート。
壁紙は四隅が裂けてひび割れていますし、水漏れなんかもありました。
そんな中で今日はお風呂場の話。

我がアパートのお風呂は、ユニットバスでもなんでもない普通のお風呂。
古いなりに、お湯がたまったらアラーム鳴らしてくれる十分な機能がついてます。
1人暮らしだと追い炊きも必要ではないしね。いやあったら欲しいけども。

僕は基本的にシャワー派です。
冬場になると、たまーにお風呂を溜めてゆっくりつかるぐらいですね。
で、ずっと気になっていたのが、お風呂を溜めた時の方が湯冷めする。
普通逆だと思うんですよ。全身お湯につかってなぜすぐ冷えるのか。

そんなモヤモヤをかかえながら数年過ごしてきましたが先日原因が判明。
風呂場に壁の中へとつながる隙間があった!
お風呂に浸かったとき、ちょうど肩の位置に、壁と浴槽のつなぎ目があります。
ここのシリコンが破れて壁の中から冷えた風が出てきていたのです。
なんで気づかなかったのか…(>_<)

数年気づかなかった原因はどうやら2つ。
破れが見えにくい角度だったことと、いつも風が出ているわけではないこと。
台所で換気扇を回しているときだけ風が吹き込んでいました。
ブラックジャックのキリコの親父さんみたいな感じ。
伝わらないか(笑)

まぁ原因がわかれば後は簡単な話で
ホームセンターでシリコンボンド買って来て埋めました。
マスキングテープ貼って、ボンド押し込んで、ヘラで伸ばして…
明日には水をかけても大丈夫になっていることでしょう。
今日は気を付けてシャワー浴びなきゃ。



では(^_^)/


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感