So-net無料ブログ作成

うん年前のSONAR6 [趣味]

鼻水が断続的に出ているこんばんは鉛です。なんでだろね。



しばらく前に、もう一度DTMを始めようと思ってDAWソフトを今のパソコンにインストールしました。
入れたのは学部2年の時に初めて買ったSONAR Home Studio6 XL。
ずっと使ってきましたが、修士に進んでだんだんと活動は下火に。
今では全く触ってすらいなかったのを、なんとなく入れ直しました。

DAWを動かすには、パソコンにある程度のスペックが要求されます。
当時自分が使っていたのはCore2 Duo、メモリ2GBのWin Vistaだったはず。
これも初めての自分のパソコンでした。レポートとかこれで書いたなぁ…。
DAWは使えましたが、重い処理になるとたまにフリーズしてました。完璧ではありません。

ノートだったので、これをスタジオに持ち込んでバンド活動の録音もやりました。
録音だけでなく、打ち込みに生演奏を重ねてPerfumeなんかもやりました。
今思えばよくやったなぁと思います。無茶してたなぁ。


そんな思い出のDAWを今のノートパソコンに入れてみました。
今のスペックはCore i5、メモリ8GB、Win7。
DAW動かすならi7とか必要なんだろうなと漠然と考えながら
それでもどのくらい動くもんか試してみるかと開いてみたら。あらビックリ。
なんの遅延もないでやんの。
まさかと思い手持ちの中でも重いデータを開いてみてもサクサク動く。
タスクマネージャを開いてCPUとメモリの負荷を確認しても
たいして負荷なんてかかっていない。メモリなんてまだ3GBも余ってます。
昔と今でこんなに違うのか…


昔のは8年前に買ってオフィスとウイルスソフト込みで16万円、
今のパソコンは3年前に買って単体で56000円。




こんなに違うのか…





ではでは。

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感