So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

古河桃まつり [日記]

年度初めですねこんばんは鉛です。
先月は食費、通販及び交際費の出費がいつもの1.5倍。
これに慣れたらヤバイです。ガマンを覚えないと…


そんなことを言いながら、今日は古河桃まつりを見に行きました。
DSC_3904.JPG
せっかく春だし、花を見ておかないとと思いまして。
車でおおよそ2時間、ドライブ先としては手頃でした。


さて、来てみたは良いものの、実は前情報をなんにも持ってない。
職場の先輩に、桃の花があるよって言われただけなんです(笑)
人の流れに乗っていくと、確かに白、ピンク、赤と色とりどりの花がたくさん。
桃の花と言っても色々種類があるんですね。
正直何がなんだか、名前も何もわからないままですが、撮ってきました。
カメラはD7200とキットレンズの18-300です。


花を撮りに行くにあたって、今回はテーマを定めてみました。
雑誌の受け売りです。
テーマは2つ、露出オーバーと前ボケ。
なんでも花は明るめに撮ったほうが良いらしい。
さらに逆光も良いらしい。
さらにさらに前ボケも映えるらしい。
と、いうわけです。

うまく撮れるかは別の話。


ともかく、撮ります。
DSC_3788.JPG
DSC_3789.JPG
DSC_3801.JPG
DSC_3804.JPG
DSC_3822.JPG
DSC_3849.JPG
…どうでしょう?
明るすぎると空が白く飛んだり、さらに花びらが飛んだり、難しいです。
でも確かに明るいほうが好みです。経験積めばもっとうまくできる…のか?


梅の木のエリアを抜けたら孔雀がいました。
DSC_3886.JPG
DSC_3893.JPG
小さい頃、近くにちょっとした動物園があって、
タヌキ、孔雀、ポニーがいたのを思い出しました。
孔雀は思い出の中よりもだいぶ大きかったです。

帰り際、公園の入口の桜並木が見事に満開だったのでこちらも撮影。
DSC_3942.JPG
満開の桜をちょうど見れたっていうのは、もしかしたら初めてかも。
ここぞとばかりにズームレンズで拡大、前ボケを狙いました。
DSC_3964.JPG
DSC_3975.JPG

のんびり歩いていると、少し強く風が吹いた瞬間、すごい桜吹雪。
もしかしたら満開からの散り初めの瞬間?と思うくらい。
設定もいじれないまま、とにかく連写しておいたら、
吹き飛ぶ桜の花びらがなんとか写ってました。
DSC_3948.JPG


帰りは古河名物らしい「丸満餃子」を食べてきました。
東京のナンジャタウンにも出てるそうです。
桃まつりの会場にも出店があって行列ができてました。
本店が近いのがわかったので向かってみたら、幸い並ばずに入れました。
DSC_0161.JPG

色々迷って、餃子定食。
DSC_0160.JPG
一つ一つが丸くてかなり大きいです。
食べてみると、皮が厚い。そして香る肉桂。
…うん!好みじゃないな!(^_^;)
でも、すごく特徴的で、人気があるのはわかりました。
水餃子なら良かったかなぁ。




明日は新年度初日。残業はしなくてすむかな?



では(^^)/


nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 6

pn

そーなんですよ孔雀って子供の頃のイメージと違ってデカいんですよね、なんでだろう(^_^;)
ハイキーはその日の天候で露出コロコロ変わるからやっぱ慣れるしかないかなー、露出の癖はメーカーによっても違うから。さあ使い倒そう(≧▽≦)
by pn (2018-04-02 06:14) 

親知らず

どれもこれも春らしくて綺麗な写真!
ピンクの花が青空に映えて良いですね。
孔雀、最近見てないなぁ。なかなか飾り羽を見せてくれないような気がしたけど、良く撮れましたね。
by 親知らず (2018-04-03 00:18) 

itomaki

丸満餃子、行ったのですね?私は京成の「茨城うまいもの市」的なイベントで一度買ったのですが、家族がやはりイマイチの評価で、2回目は買えないでいます。
by itomaki (2018-04-03 23:01) 

鉛

>pnさん
カメラは使い込んでシチュエーションと操作を直感でつなぐのが大事なんだなと実感する毎日です。使えば使うほど知識が増えますね!がんばります。
by (2018-04-11 23:28) 

鉛

>親知らずさん
褒めていただけて嬉しいです。ありがとうございます。
孔雀はオスが4匹もいて、飾り羽も頻繁に広げていたので撮るのは簡単でした。
とはいえ、連射して50枚ほど撮った中で良かったのは4枚でした(笑)
by (2018-04-11 23:30) 

鉛

>itomakiさん
一般的な餃子を想像して食べると、あまりの違いにあれ?と思ってしまうのかもしれません。もとからそういうものと思って食べればおいしい…かな?
僕も2回目は遠慮したいです(^_^;)
by (2018-04-11 23:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。