So-net無料ブログ作成
検索選択
┣プラモデル ブログトップ
前の5件 | -

D7200でHGUC陸戦型ジムを撮る。 [┣プラモデル]

近所の肉屋のもつ煮込みがうまい、こんばんは鉛です。
もつはトロトロで、結構肉も入っていて角煮のようになっていて
大変美味しいです。お店の方が新聞で紹介されたって嬉しそうに言ってました。


さて、D7200買ったは良いのですが平日なので身動き取れず。
とりあえずプラモデル撮ってみることにしました。

そしたらけっこー違うんですよ!
V2で撮った写真とぜんぜん違う。
そりゃーミラーレスと一眼だし
画素数は1000万も違うし、当たり前かもしれませんが、
違いを実感できて、買ってよかったと思えます。
これで違いが分からなかったら何のために買ったのかと…(^_^;)
とは言え、何処がどう違うからどういう影響が…というのは正直わかりません。
それはおいおいということで。


今回のモデルは約一ヶ月前にも記事にしたHGUC 1/144 陸戦型ジムです。

今回の写真はすべてD7200 + 18-300mmです。

正面
r001_HG陸戦型ジム001.JPG

ズーム(トリミングではありません)でこれだけ寄れる、これでも感動。
r002_HG陸戦型ジム002.JPG

基本装備
r004_HG陸戦型ジム003.JPG

こっち見んな(笑)
r005_HG陸戦型ジム004.JPG

歩いてる風
r006_HG陸戦型ジム005.JPG

腰を据えて
r007_HG陸戦型ジム006.JPG

ズーム(f36、ss2)
r008_HG陸戦型ジム007.JPG

同じ構図でf値変更(f5.6、ss1/20)するとこれだけボケが変わる。
r009_HG陸戦型ジム008.JPG
v2だとf値は16までだったし、選択肢が広がったことでだいぶ悩むことになりそう。

両手持ち
r012_HG陸戦型ジム010.JPG

ビームサーベル
r017_HG陸戦型ジム011.JPG

ズーム(f6.3)
r019_HG陸戦型ジム013.JPG

f20
r020_HG陸戦型ジム014.JPG

10m級の大きさのモノを撮影していると考えたら、
f値は大きくしてボケをなるべくさせないのが良いのかなと思いました。
もっと色々やってみよう。



今日はこんなとこで。



では(^_^)/
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アルティメットニッパー購入 [┣プラモデル]

中華丼をうまく作れないこんばんは鉛です。
なんか一味足りない。オイスターソースも中華だしも入れている。
味の素が足りないのか…!?



作っていないのに、気になるプラモデルは買ってしまいます。
買ったはいいが組み立てるわけでも無くただ部屋の隅に積む…
人はそれを「積み(罪)プラ」と言う。
そんな積みプラが溜まってきました。
rDSC_0026001.JPG
過去、3個以上溜めたことは無かったんだけどなぁ。


今後これだけ組み立てることを考えたら
ニッパーを新調したくなりました。
現在使っているニッパーはタミヤの薄刃ニッパー。
10年以上前に2500円で購入したものです。
中学生の身で2500円とは思い切ったものです。
ずっと使ってきましたが、さすがに切れ味が悪くなってきました。


新しいニッパーを買うならずっと欲しかったものがあります。
ゴッドハンドの「アルティメットニッパー」…すごい名前だ(笑)
新潟県三条市で昭和から続く老舗の工具メーカーの子会社として始まり
主に模型用工具を制作している会社らしいです。
模型製作に特化したニッパー…それがアルティメットニッパーなのです。


さっそく行きつけのプラモ屋で買ってきました。
rDSC_0027002.JPG
4800円…高いけど今の自分はあまり躊躇なく買ってしまった…。

究極の刻印がされてます。
rDSC_0030005.JPG

現在使用中のニッパーとのツーショット
rDSC_0028003.JPG
サイズはほぼ同じ、バネはアルティメットの方が軽い感じです。

刃先
rDSC_0029004.JPG
う~ん拡大しないと違いがわからん。

アルティメットニッパーは通常のニッパーと大きく異なります。
それは「片刃」ということ。
ハサミのうち、片方だけに刃があり、もう片方がまな板として働くのです。
説明書に詳しく書いていました。
rDSC_0031006.JPG
通常のニッパーは両方が刃で挟み込むのに対し
こちらはナイフで刮ぐ用に切るわけです。
それによって切断面がすごくキレイになるそうです。
使うのが楽しみでなりません。
でも刃が割れやすいようで、ちょっと怖くもあったり…。
デビューは何にしようかな。



では(^_^)/


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

HGUC 1/144 陸戦型ジム [┣プラモデル]

木曜日は徒歩で会社に行ったこんばんは鉛です。
積もった雪で道路は大渋滞。
自分の車もスタッドレス履いていなかったので
念のため運転を避けました。
いい運動になった…と思いつつ、やはり面倒(笑)



冬前に行った部屋の整理の際
常設していたプラモスペースを解体して寝室に仮置きしてました。
そしたらすっかり作らなくなってしまったので
改めてリビングに座卓を持ち出して再構築。
今回は新作を作りたくなったので
プラモ屋に行き、この1月新発売した
HGUC 1/144 陸戦型ジムを買ってきました。
「機動戦士ガンダム第08MS小隊」に出てくるジムです。
設定上、まずガンダムの存在があって、
次にガンダムの余剰パーツで作った陸戦型ガンダムがあり、
さらに陸戦型ガンダムの生産ラインを流用して作ったのが陸戦型ジム、という位置づけ。
通常のジムよりも性能が高いということになってます。言うなれば…孫?
陸戦型ガンダムとデザインが似ていて
ジムよりもディティールが細かくカッコいいと思います。


新しいだけあって色々と変更点があり驚きの連続でした。
一番は胴体のパーツ構成ですね。
その他、合わせ目もほとんど出てこないし
非常に作りやすいキットでした。


色まで塗りたいと考えているので
今回は素組みで撮影。

正面
r20170211_10_HG陸戦型ジム002.JPG
膝のスパイクが地上用らしさを出してます。

背面
r20170211_09_HG陸戦型ジム001.JPG
とてもシンプル。
陸戦型ガンダムは大きなコンテナを背負えますが、ジムは無理なようです。

100mmマシンガンとシールドを持たせて。
r20170211_11_HG陸戦型ジム003.JPG
基本武装も陸戦型ガンダムと同じ。

可動範囲が大きく、マシンガンを両手で構えることが可能。
r20170211_17_HG陸戦型ジム006.JPG

立膝だってできるし
r20170211_16_HG陸戦型ジム005.JPG

スタンド無しで歩いてる雰囲気のポージングも可能。
r20170211_15_HG陸戦型ジム004.JPG

足は180°開くし、つま先まで細かく動かせるので、ハイキックも可能。
r20170211_20_HG陸戦型ジム001.JPG
昔はこんなんできなかったなぁ…技術の進歩ってスゴイ。

ロケットランチャー
r20170211_21_HG陸戦型ジム002.JPG

ビームサーベル
r20170212_23_HG陸戦型ジム003.JPG

今後のプランとしては2つあって悩んでいます。
オリジナルのカラーで塗ってみるのが一つ。
もう一つは通常カラーで塗ってウェザリングを施すこと。

ウェザリングってのは泥汚れとかの表現のことです。
これを行うとぐっとリアリティが出てまた格好良くなるんです。
しかし最後にやったのはかれこれ10年以上前だし、腕前に不安が…。
練習ってことで思い切ってやってみるかなぁ…



では(^_^)/



nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飾り棚購入 [┣プラモデル]

GWは帰省していたこんばんは鉛です。
そのときの話はおいおい。


前回記事で宣言したように
IKEAに行ってプラモデルを飾るための棚を購入してきました。
DETOLF(6999円)です。
ナチュラル、ブラックブラウン、ホワイトとあるうち
他の家具に合わせるためホワイトに決定。
照明用にDIODER(3999円)も合わせて購入し
合計税込10998円でした。


4面ガラスで高さ163 cmあるため
2つに分割されたダンボールは40kgオーバーとすごい重量…
えっちらおっちら車に積んで、部屋に運びこむのも一苦労。


重さに苦労したものの、組立自体はシンプルで
おおよそ1時間でできました。
そこからDIODERを組み込むのに少し手こずりましたが…。
ネットで下調べした時に比べてモデルチェンジしたようで
天板に開いた配線用のを穴がすごく小さいんですよね。
マスキングテープで線を固定しつつ、とりあえず完成です。
s_DSC_0364.JPG

中身は前記事で紹介したこいつら↓をそのまま移籍。
s_DSC_0360.JPG

やはりガラス棚は良い…(*´ω`*)


実家でもテレビ用の棚を使って並べてました。
しかし4面ガラスってのはなんというか豪華さが違いますね。
これが10000円ちょっとで買えるってんだからすごい時代だ。


飾るものは順次増やしていく予定です。
一番上は最近作ったガンダムX系で固めてみました。
s_20160507_106_帰省.JPG

ちょっとアオリで。
s_20160507_098_帰省.JPG

久々に単焦点レンズも出してみました。
やはり明るいレンズはボケて良いです。



では(^_^)/


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

HGUC 1/144 アンクシャ [┣プラモデル]

健康診断でした血圧高かったよこんばんは鉛です。
いやぁ…まさか基準値を超えるとは。。。
いよいよもって健康に留意しなければなりません。
そんな私の今日の晩ごはんはラーメン。


さて、久しぶりにプラモデルの話題。
昨年末は色々と作っていましたが
ここ最近は熱も落ち着き
素組み(ただ組むだけ)で楽しんでいます。


今日は機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)より
HGUC 1/144 アンクシャです。

ガンダムUCは映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」から
数年経った時代のお話らしく
小説、DVDと展開し、最近は日曜朝に地上波で流れているらしいです。
らしい、というのは、実は自分は全く読んでも観てもいないんです。
だから全く知識がありません。
プラモ屋の棚をみて、「あ、なんかカッコいい」と思って買いました。

そんなカッコいいアンクシャの姿がこちら。
s_20160426_169_HGアンクシャ_01.JPG
s_20160426_172_HGアンクシャ_01.JPG
あ、そんなにカッコよくないですか?(^_^;)
なんでこんな奇妙な形をしているのかは後で書くとして
設定上22mの大型モビルスーツなので1/144モデルでも大きいです。
「機動戦士Zガンダム」に出ていた「アッシマー」の発展形ということで
すごく似たシルエットになっています。気になる方はアッシマーで画像検索をどうぞ。

顔のアップ
s_20160426_174_HGアンクシャ_01.JPG
埋まってる感がスゴイ。
連邦製MSということでゴーグルアイですね。

とりあえずポージングさせてみる。
メイン武装は両腕のビームライフル。
s_20160426_175_HGアンクシャ_01.JPG
s_20160426_182_HGアンクシャ_01.JPG
s_20160426_184_HGアンクシャ_01.JPG

ビームサーベルはMGサイズでボリュームあります。
s_20160426_178_HGアンクシャ_01.JPG
s_20160426_179_HGアンクシャ_01.JPG
武装も少なく、各部の可動域が広いわけでもないので
どうしても単調なポーズになりがち。


さて、こいつのキモはなんといっても変形。
この丸みを帯びた特徴的なシルエットは変形後の姿のためです。
まずは変形させてみましょう。

立ち姿から
s_20160426_185_HGアンクシャ.JPG

手首を取り外し腕のバインダーを下にスライド
s_20160426_186_HGアンクシャ.JPG

足を揃えて後方に折りたたみ、頭を横に向け腕を縮める。
s_20160426_188_HGアンクシャ.JPG

上半身を前に傾け(プラモでは差替になってます)バックパックを後ろに展開。
s_20160426_189_HGアンクシャ.JPG

UFOの完成!
s_20160426_191_HGアンクシャ.JPG

変形するMSは数あれど、大抵は戦闘機への変形であって
こんな変な形になるものは、それこそ他にアッシマーだけです。


s_20160426_194_HGアンクシャ.JPG
後ろ
s_20160426_195_HGアンクシャ.JPG

s_20160426_196_HGアンクシャ.JPG
ボリュームのある機体ながら
前後に伸びた形となり、かなり薄く感じられます。


設定上、上に他のMSを乗せることが可能ということで
同じくガンダムUCより、以前製作したスタークジェガンを乗せてみました。
s_20160426_198_HGアンクシャ_01.JPG
専用の固定パーツのおかげでしっかりと乗せられます。
取っ手を持たせることでリアリティも増します。良いキットです。
ただし、付属のスタンドではバランスが取れないため
HGではなく、MG用の大きなスタンドを用意すべきでしょう。
撮影中は何時倒れてしまうかと心配しっぱなしでした。

s_20160426_199_HGアンクシャ_02.JPG
満足です(*^^*)


では(^_^)/

nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ┣プラモデル ブログトップ