So-net無料ブログ作成

八甲田山雪中行軍遭難資料館に行ってきた。 [雑記]

お盆休みを行動的に過ごしているこんばんは鉛です。


今日は宣言通り、八甲田山に行ってきました。
始めは一人で行くつもりでしたが
いつの間にか父、祖父、妹の三人で行くことに。
ドライバー交代しながら行けるから楽でいいけども。


八甲田山に行くといっても、自分の目的はやっぱり
八甲田山雪中行軍遭難事件の足跡を追うことな訳で
最初に青森市まで行き、タイトルにあるように
「八甲田山雪中行軍遭難資料館」に行きました。
s-DSC_2547_006.JPG
平成16年(だったかな?)に立て直したそうで、とてもきれいな建物でした。
中に入ると案内のボランティアスタッフが誘導してくれて
まずは10分程度の映像で事件の概要を見せてくれました。
実際の事件を、フィクションの映画の映像をまじえつつ
分かりやすい映像だったと思います。

後はご自由に、ということで、意外と広い展示室を見て歩きます。
s-DSC_2540_003.JPG
目立つのが雪中行軍隊が着ていたという服装。
s-DSC_2529_001.JPG
外套はペラッペラだし、足元は藁の雪靴で隙間がたくさん。
試着コーナーがあって、妹に着せてみました。
「薄い割に動きづらいし、こんなんで冬山行くなんて信じられない。」だそうです。
冬場の茨城でも、日によっては寒いかも、くらいの格好で、
この姿で世界有数の豪雪地帯に進んでいったとは…と言葉もありません。

自分はかなり予習していったのですんなりと見て回ることができました。
一方で、一緒に来た家族はけっこう衝撃を受けてました。
やっぱり200人近くの遭難死の資料ってのは重みがあります。

生還者・小原伍長の日記
s-DSC_2538_002.JPG

凍傷防止のため、足を油紙で包み、中に唐辛子を入れたそうです。
s-DSC_2542_004.JPG

奇跡的に凍傷を負わず五体満足で生還した倉石大尉がはいていたゴム靴
s-DSC_2543_005.JPG
当時ゴム靴はいわゆる「ハイカラ」な品で、
東京土産に自分で購入した私物だったそうです。おかげで凍傷を負わずに済んだと。
逆に、正規品の革靴を履いていった士官はすぐ凍傷で動けなくなったそうです。
その他様々な資料が置いてあって、お飾りの記念館なんてものではなく、
まさに「資料館」でした。


ロビーに置いてあった映画「八甲田山」の台本をそこそこじっくり読んだ後
ボランティアの人がまた声をかけてくれて、隣の幸畑墓地を案内してもらいました。
s-DSC_2550_007.JPG
犠牲者199人のお墓が整然と並んでいます。
s-DSC_2552_008.JPG
s-DSC_2567_013.JPG

ボランティアの方の案内はすごく丁寧かつ細やかで
おかげでいろいろなことを知ることができました。
例えば、遭難して死体で見つかった人のお墓と
s-DSC_2553_009.JPG
収容後病院で亡くなった人のお墓では
s-DSC_2554_010.JPG
それぞれ○月○日「死体発見」「死亡」と表記が明確に分けられていること。

兵卒と下士官、士官では墓標のサイズが全然違っていること。
この列はみんな階級が高いので立派です。
s-DSC_2567_013.JPG

一番階級が高く、大隊長だった山口少佐は「正六位」だけど
中隊長小隊長だった水野中尉は華族出身だったのでそれより上の「正五位」で
階級と逆転していること。

生還者は地元に帰ったからここに墓標はないこと。

その代わり、生還者全員の名前を書いた一つの墓碑があること。
s-DSC_2571_014.JPG
その墓碑を作ったとき、まだ3名生存していて、テープカットに参加した人もいたこと。

地元出身の犠牲者の墓標には親族が今も献花していること。
手前から2番目ですね。
s-DSC_2567_013.JPG

などなど。


墓地から一段上がったところには小さなお堂があって
地元の墓石店が協力者を集め、全員分の人形を作り、納めたそうです。
s-DSC_2573_015.JPG
s-DSC_2578_016.JPG
s-DSC_2581_017.JPG
s-DSC_2588_018.JPG

すごく濃密な時間を過ごすことができました。
s-DSC_2591_019.JPG


旅行はこの後も続きますが、今日はここまでです。




次回は銅像茶屋、八甲田山ロープウェー。




では(^.^)/


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

黒糖がけ落葉かりんとう [雑記]

今日も今日とて掃除に邁進したこんばんは鉛です。


休日3日目、結局今日も掃除メインでした。
ワードローブの中身を改めて整理し、
擦り切れたスラックスを洋服の青山へ持っていきました。
そしたらスラックス1000円引きのクーポン券に変わりました。
でもスラックスはしばらく要らないなぁ。

その他シーツを洗濯したり、除湿機を買いに行ったり。
古いやつは1080円払って引き取ってもらいました。
これね。よく働いてくれました。
02_DSC_0136.JPG
しっかしリサイクルにもお金がかかるのね。

新しいのは自動でルーバーが動いたりでちょっと良いやつ。
ほんの少しスリムで、水受けに蓋がついてて取り出すときこぼれない。
03_DSC_0141.JPG
前のが15000円で11年使ったわけだから、
今度のも10年以上使えるよう、内部乾燥はこまめにしようと思います。


あと夕方になって一つ衝撃的なことがありました。
でもあまりキレイな話じゃないので出来事の詳細はナシで。
ツイッターには書きました。


さて、前置きがだいぶ長くなりました。
今回書きたいのはかりんとうです。
04_DSC_0142.JPG
秋田県角館町の「ゆかり堂製菓」が作る『黒糖がけ落葉かりんとう』。
これなんです。おいしいの。

秋田県角館町は武家屋敷で有名なとこです。
ゆかり堂製菓が作る「角館駄菓子」には色々種類がありまして
かりんとうとか、きなこ棒とか、名前は一般的ですが
ちょっとご当地感のあるアレンジされた内容になってます。
特にかりんとうの種類は変わり種も含めかなり多い。
最近は秋田道のSA、道の駅なんかで
土産物として売られてるのを目にします。
一番のおすすめは500円くらいの詰め合わせ。
ここで紹介してる落葉かりんとうと合わせて
全部で6種類くらい入ってたはずです。


話が少しそれました(^_^;)
色々と種類がある角館駄菓子の中で
この落葉かりんとうは一番人気。
かなり食べごたえがあります。
一個取り出してみるとこんな感じ。
05_DSC_0143.JPG
大きさ伝わりますかねー?
大人の指より長くて、太さも指2本分くらいあります。
黒糖は表面にたっぷりとかかっていて
物によってはネバネバしてるのもあります。
そういうやつをティッシュ越しに持ったら大変なことになります(笑)

よくあるかりんとうと違うのはその食感と中身。
厚みがあり、油断すると歯が欠けることもあるくらいの固さ。
断面は黄土色で、小麦粉の生地が層状になっているのが見て取れます。
01_DSC_0144.JPG
02_DSC_0145.JPG
黒糖の蜜で甘いことは甘いのですが
それよりも生地のほのかな甘味と小麦の味が強く
全体としては見た目ほど甘くないと思います。
そのせいで、サイズも大きいにもかかわらず、
食べ始めると止まらない。
職場に持っていったら大人気で
帰省のたびに買ってくるようになりました。
おみやげが喜ばれるってのはとてもうれしいもんです(*>_<*)ノ



3日連続更新は久しぶりでした(^_^;)
では(^_^)/


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

色々あった [雑記]

最近アイスコーヒーの消費量が3倍に増えたこんばんは鉛です。
あまりカフェイン摂ると気持ち悪くなってしまうとわかっていつつ
ついつい飲んでしまいます。麦茶にシフトせねば。


GWからこっち色々ありました。


まずは友人の結婚式。
大学自体の軽音サークルの友人同士が結婚。
招待してもらったので喜んで参加してきました。
すごく楽しい、友人らしさあふれる良い式でした。
振り返って独り身の我が身の寂しさや…


次、腰痛が再発しました。
病院にはまだ行っていません。
症状は前と同じ、左足がどうもしびれる。
湿布でなんとかならないもんかな。


次、服が欲しい。
職場及び通勤時の服装に悩んでいます。
作業着が支給されているんですが、作業着のくせに上下1式だけだから
何らかの作業を行って汚れても、その週は金曜までそのまんま。
これから暑くなる季節、汗の汚れも気になります。

そこでワイシャツを一括購入。
これを肌着と作業着の間に挟むことで
襟や袖の汚れが緩和できることを期待しています。
ついでに勢いでPanasonicの最新型衣類スチーマーも買っちゃいました。
アイロン台出して、ハンガーから外して、アイロンかけて…が面倒なので
ハンガーのままできるという謳い文句に誘われました。
早速使ってみましたが…まぁこんなもんかな、って感じ。
シワは伸びるけど、思ったほど伸びないし、時間もそこそこかかる。
テクニックが必要なようです。


そんな感じの3週間でした。


では(^_^)/



nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何事も形から入るタイプ [雑記]

また東京に行ってきたこんばんは鉛です。


今日は仕事で日帰り出張でした。
本日の出張に先立つ、昨日日曜日。
社外の人に会うんだから、色々格好揃えないとまずいのでは?と思いました。
スーツ姿で打ち合わせを始めた目の前で
試供品のボールペン出してキャンパスノートにメモをとるのは
流石に大学生じゃないしまずいかも…というわけです。


幸い、ボールペンについては万年筆に近いようなとても良いものを
以前先輩より卒業祝いで頂いており、問題はなし。
そうなると、ここは一つノートカバーが欲しいな。

なんて考えているうちに、あることに気づきました。
「あれ、もしかしてスーツのベルト壊れたままじゃね…?」
急いでクローゼットを探ってみると予想通りベルトが無い!
さらにワイシャツもアイロンかかったのが無いし
時計のベルトもいつの間にかボロボロで人前に出せないレベル。

急に日曜日が忙しくなり、なんとか準備が終わったころには
空はいい感じに暮れてました。
rDSC_0504001.JPG

なんだかんだ、色々とモノを揃えることができました。
一番良かったのは時計のベルト。
金属アレルギーなもので金属がダメで
今の革ベルトは通常サイズのため、短くて困っていて(手首太いんです…)
この機会に良いものを探して歩きました。

やはり長いのってなかなか置いてないし
置いていても全然種類が無いんです。
真っ黒は嫌だったので、せめてブラウン系が欲しいなと探し
近所の時計屋でチョコブラウンのをゲット。
よかったよかった。

長さの差はこんな感じ。
rDSC_0505002.JPG
僅かな差にも見えますが、手首に巻いて見ると全然違います。
ほんと見つかってよかった。



では(^_^)/

nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先週は館山に行ったんだ。 [雑記]

油断すると更新できないこんばんは鉛です。
コインランドリーで布団カバーを洗濯したら
取れない黄ばみがどうしても気になって
新しいカバーを衝動買いしてしまいました。
交換用が一枚増えたと考えれば無駄遣いではない。はず。


先週、飛び石連休最後の土日に
大学時代の軽音サークル仲間で
千葉県館山市に一泊してきました。

プランは
1軒屋借りて
現地集合して
なんかやって
夜は飲んで
なんかやって
帰ろう
という非常に行き当たりばったりかつシンプルなもの。

自分は参加者の中で一番北に住んでいたため
車を出して友人を拾いつつ現地まで行きました。
土曜日はあいにく、と言うかすんごい大雨。
ただでさえ嫌な首都高がさらに怖いのなんの。
館山まで行く間に、覆面パトカーに捕まった車を3台、
事故渋滞を2回、逆走車による事故を1回見ました。
本当に怖かった…。

現地には2時ころついたものの雨で出歩ける感じではなく
スーパーに集合してご飯の材料を買い込み
3時にチェックインしてからは早々に酒を開けてごろごろしてました。

今回の晩御飯は自分が立候補して作りました。
最近大人数の料理作ってなかったのでやりたくなったんです。
気合い入れて、マイ中華鍋も持って行く気マンマンだったのに
残念ながら宿泊場所はIHヒーター…
フライパンでがんばりました。

7人を相手に作ったメニューは
麻婆茄子
茄子の揚げ浸し
鶏の唐揚げ
回鍋肉
スモークサーモンと玉ねぎスライス
海鮮塩焼きそば
でした。評判も良かったようで何よりでした。
他にローストビーフや鯖の刺身なんかも買っていたので
かなり豪華な飲みになったと思います。
写真撮って無かったのが後悔。



翌日曜日は幸いにも晴れ。

とりあえず近くにあった鶴谷八幡宮を見物し
鳥居の隣りにあったなんだか有名らしい「ひふみ養蜂園」にて
はちみつジェラートを堪能しました。
ジェラートははっきりとはちみつの甘さが出ていて
初めての味でした。今回はプレーンを食べたので
次回があれば他の味を試したいところ。

さらに車で15分ほどのところにある
「沖ノ島」という陸繋島にも行ってみました。
海水浴客が大勢いてまだまだ夏を感じました。
沖ノ島自体はなんとも…島だなぁって感じ(笑)

その後、地魚目当てに寿司を食べに行き
これもしっかりと堪能。
久しぶりに回らない、100円じゃないお寿司を食べました。

最後に「道楽園」という市場と物産館が一体化したようなところで
びわソフトを食べ、お土産を買って、帰宅しました。

びわソフト
r004_01.JPG
びわを食べたことは人生で1回しかないですが
その時と同じ味がした…気がします(笑)
果物らしくフレッシュでいてちゃんとクリームでもあり
ボリュームもあるかなり高評価のソフトでした。
もちろんコーンの先までクリーム入り。
これはまた食べに行きたいです。



土日で1泊2日の日程は
自分としては割りと強行軍で
今週の仕事が不安だったものの
なんとか休むこと無く今週末を迎えることができました。

これからも元気で行きたい。



では(^_^)/


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感